入れ歯(義歯)治療

歯をうしなってしまったらどうしたらいいの?


 

失ってしまった歯をそのままにしておくことは、残っている健康な歯への悪影響や、よく噛むことができずに、体への被害が及んでしまう事も少なくありません。歯を失ってしまったら、早めに歯医者に行きましょう。

「入れ歯・義歯」という治療方法があります。入れ歯・義歯治療は、残っている大切な歯を傷つけることなく、ブリッジやインプラントと比べて、簡単に治療することができます。種類も様々です。入れ歯・義歯でも自然な噛み合わせを取り戻すことができます。

 

入れ歯(義歯)の種類

入れ歯・義歯には大きく分けて2つの種類があります。すべての歯を失ってしまった場合には、全体を覆うような形の「総入れ歯」。ご自身の歯が1本でも残っている場合は、「部分入れ歯」となります。

 

部分入れ歯

bubungisi.gif

部分入れ歯は、部分的に失ってしまった歯を補うための義歯です。ラスプと呼ばれる金属のバネを、残っている歯を覆うようにひっかけ、お口の中で義歯が浮かないように固定します。残っている歯にバネをかける為、残っている歯への負担は大きくなります。

 

 

総入れ歯

sougisi.gif

 

総入れ歯は、すべての歯を失ってしまった場合にいれる義歯です。 

 

 

 

 

 

 

 

入れ歯(義歯)の素材

入れ歯・義歯に使用される素材は様々です。患者さまのご要望に合わせて、保険適用のものから、保険外のものまでご用意ができます。素材によって、費用は大きく異なりますが、使用感なども変わりますのでご相談ください。

レジン床義歯

歯肉にあたる部分が「レジン」と呼ばれるプラスチックでできた義歯です。sougisi.gif

この義歯は保険内でつくることができます。素材はプラスチックなので、強度はありませんが、調整しやすいという特徴があります。 

 

 

 


金属床義歯

歯肉にあたる部分が金属でできた義歯です。              kinzokushou.gif

レジン床義歯に比べ、薄く精巧に作ることができるので、お口に入れた時の違和感が少なくなります。金属を使用しているので、熱を伝えやすく、ご自身のお口の感覚に近い使用感を得る事ができます。強度もあり、金属部分には体に優しいチタン等が使用されます。

 

 


ノンクラスプデンチャー

クラスプ(バネ)を使用しない義歯です。                  noncrasupu.gif

素材にはナイロン樹脂が使用されていて、半透明な歯肉の色と同化しやすく、

見た目が美しく、違和感もありません。素材に金属を一切使用しないので、金属アレルギーの方でも安心です。残っている歯への負担もありません。

 

 

 


ノンクラスプデンチャー


クラスプと呼ばれるバネを使用しない義歯です。

素材にはナイロン樹脂が使用されていて、半透明な歯肉の色と同化しやすく、

見た目が美しく、違和感もありません。

 

素材に金属を一切使用しないので、金属アレルギーの方でも安心です。

残っている歯への負担もありません。

▲このページのトップに戻る