歯周治療

歯茎から血が出る… 歯がぐらぐらする…

など、歯茎のトラブルは歯周病の可能性が高いです。

歯周病は成人の日本人の80%が感染しているといわれています。

そのままにしておくと、最悪歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。

歯茎に違和感を感じたら、歯科医院へご相談ください。

 

歯周病の進行

sishu01.gif歯と歯茎の間に、歯垢や歯石がたまり、歯茎が赤く腫れます。

歯茎からの出血もあり、口臭や口の粘つきが感じられますが、痛みなどの症状はほとんどみられません。

 

この時期の治療が大切です。

 

 

 

 

 

sishu02.gif歯垢が硬い歯石となり、歯と歯茎の間の歯周ポケットと呼ばれる場所がどんどん深くなり、顎の骨にまで影響が出始めます。

 

疲れた時に、歯肉が腫れて膿んだり、浮いた感じがするなどの自覚症状が出始めますが、2〜3日で改善されます。

 

この時期になると、本格的な歯周治療が必要になります。

 

 

 

sishu03.gif歯肉はやせて下がり、歯を支えている歯槽骨が溶けて後退していきます。

顎の骨も吸収されてしまい、歯が揺れて、激痛が走り、食事がしにくくなったり、膿みが出て口臭がきつくなったりします。

 

放っておくと、歯周病菌が全身に蔓延してしまい危険な状態です。

 

 

▲このページのトップに戻る