下顎の親知らず

8.bmp

下顎の親知らずのレントゲン画像です。このような横に寝てしまっている状態だと手前の歯との間に食べ物がつまりやすく、それによって虫歯や歯肉炎を引き起こしてしまいます。また、患者さまによっては、親知らずが手前の歯を押してしまうため、歯並びの乱れが生じる場合もあります。このような状態では積極的な抜歯をおすすめしています。

この患者さまの場合は比較的抜きやすい位置にあったため、初診時に抜歯させていただきました。時間は麻酔も含めて30分ほどです。

すべての患者さまがこのようにいくとは限りませんが、一度ご相談くださいわーい(嬉しい顔)

口腔外科

親知らず

親知らずにも抜歯しないといけない場合と、抜歯する必要がない場合があります。現在、歯肉に腫れや、親知らずがむし歯になっているなどの症状が現れている時や、斜めに生えており、将来隣接する歯や歯並びに悪影響を及ぼす可能性がある時は抜歯が必要になってきます。

親知らずがまっすぐ生えていて綺麗に掃除ができている、むし歯の兆候もなく歯肉の腫れがない場合は無理に抜歯する必要はありません。

抜歯する場合は、抜歯の方法や抜歯に際するリスクなども十分説明させていただきます。

▲このページのトップに戻る